2009年05月15日

英語を本格的に勉強してみませんか?<今ならあなたを英語耳にする特典がもらえます>

あなたは、英語を何歳から始めましたか?
実は、日本語は1500Hz程度までの周波数しか使っていないのですが、英語は12,000Hzまでの周波数を使います。

人間の脳は、3歳までは、可聴音のすべての周波数を聞き分けられるので、3歳までに英語を始めていれば、英語の発音を聞き分けられるいわゆる英語耳を作ることが出来ます。

しかし、6歳を過ぎてからは耳が完全に日本語対応になってしまっているので、英語を聞いても十分に聞き分けることができなくなると言われています。

実は、今回そんな英語耳を作ることが出来ずに大人になってしまった人でも、わずか一ヶ月で英語耳を作る教材ができました。

しかも、5月31日までは、下記の英語教材「リスニングTOEIC」という商材を購入すると特典として手に入れられるそうです。

この英語耳を作る教材は、ナチュラルスピードと言って通常の音声の400倍のスピードの英語を聞き続けることで、英語耳を作ってしまうというものです。

単独販売の場合、9800円だそうですので、この機会に手に入れることお勧めします。

まずは、下記の説明を良くご覧ください。




洋画が字幕なしで聞き取れるようになると、映画をよりいっそう楽しく見られようになりますし、デートしていても、字幕を見なくてもストーリーがわかるとちょっとかっこいいですよね。

それにTOEICという目標を持つと勉強にも身が入ると思いますよ。



------------------------------------------------------


【3日間キャンペーン】記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術


posted by ブレインストーマ at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

How to learn english.

Today, I wrote this blog by English.

Because, I wanted to test the English language blog with the translation with the Japanese language.

I'd like to introduce to you an English language learning program the 'New Begining',today.

This program will bring you the wonderful future.







<和訳はコチラ>
タグ:英語
posted by ブレインストーマ at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

エピソード記憶で資格勉強

あなたが、ある日資格試験に挑戦することを決めて資格試験の勉強を始めたとします。

学生の頃は、どんどん覚えることができた内容が、意外と覚えにくいことに気づきませんか?

実は、私もそうでした。

私は、40歳の頃、ある資格試験に挑戦したのですが、計算問題は問題集で過去問をひたすら解いていけば何とか頭に入っていく(元々理数系は好きでした。)
のですが、法規などの暗記は、どうもうまくできません。

そこで、思い切って参考書を持って散歩に出かけました。

車のあまり通らない道を選んで、二ノ宮金次郎風に歩きながら読んだり、道端に腰かけて周りの景色を見ながら、参考書を読みました。

すると、家で机に向かって勉強している時より、覚え易いのです。
後から思い出す時も、最初に景色を思い浮かべて、それから参考書の内容を思い出すようにします。

このように本来関係のない事柄でも、自分の見聞きした経験と一緒に覚えると覚え易いし、忘れにくいのです。

このような記憶をエピソード記憶といいます。

------------------------------------------------------


【3日間キャンペーン】記憶術”日本一”を勝ち取った藤本憲幸の「超」記憶術


posted by ブレインストーマ at 00:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。