2011年11月27日

ネイティブ思考法で英会話力を一気に上達させる!

あなたは、英語を読むときどのように理解していきますか?

学校の授業では英語の文章を訳すときに日本語に合わせて語順を並び替えて訳しなさいと教えられます。

例えば英語で

I like you.

を日本語に訳すときにそのままの順序で日本語にすると
 
「私は 好きだ あなたが」

となってしまいます。

それで、語順を日本語に合わせて並び替えて

「私は あなたが 好きだ」

と訳すように教わるわけです。

しかし、この教育が英会話においては妨げになってしまいます。

つまり、英会話でも相手の話す言葉を理解するときにこの並べ替えを行おうとしてしまうのです。
この並び替えを「返り読み」と言います。

ところが流れるような会話の中でこ返り読みを行なっていると、次々と放たれる言葉の渦に翻弄され意味が分からないうちにどんどん次の話題へと話が進んでいってしまい、結局ほとんど会話が成立しなくなってしまいます。

例えば、英語のヒアリングの試験で最初のうちは何を言っているかわかっていても、頭の中で「返り読み」をしているうちに次の話が聞き取れず、途中から何を言っているか全くわからなくなったことはありませんか?
(私はしょっちゅうあります。)


しかし考えてみれば、英語圏の人々は決して返り読みをやっていないですよね。

日本人だって日本語を話すのに返り読みは行いません。
(日本語は読み消しの必要はないからですね。)

じゃあ、我々だって英語を聞くときはネイティブの気持ちになって言葉の順序のままに理解すれば簡単です。
このような聞き取り方法を「ネイティブ思考法」といいます。

これは、英語の流れる順序のままにその意味を理解していくという考え方です。
まず話を理解するだけなら、言われたことを日本語に訳さなくても自分で相手の言いたいことを理解できればいいわけです。

といっても、どうやって練習すればいいのでしょう?

そんなあなたにお勧めなのが「スーパーエルマー」という教材です。

この教材は、リスニング教材で聞いているだけでネイティブ思考法が身につくように工夫されています。
それだけではありません、英語のスピード感にもこだわっていますので自然な発音を聞いて正しく理解できるようになっています。

そのため、誰でも短期間で英語の習得ができるというわけです。

TOEICの試験でもその半分以上が英語のヒアリングになっています。

このヒアリング能力を向上することで英語を正しく理解し的確な返事ができるようになるというわけです。

今なら、10日間無料お試しプログラムも用意されていますので、10日間だけ試して自分に合っているかどうかを確かめることができます。

ぜひこの機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?





posted by ブレインストーマ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析