2011年04月21日

「非常識な成功法則」のススメ

この度、東日本大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
避難所での不自由な生活大変だと思います。

本日は、私が過去に読んだ本の中から特に印象に残った本を紹介します。

そのなかでもっとも衝撃を受けた本に神田昌典氏の「非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣」という本があります。
419pxgX5jVL__SL100_.jpg


この本では、通常常識と思われているような成功法則ではなくて、実際に成功をおさめた人々が実践していることを参考にして、成功してお金持ちになるための方法を具体的に説明しています。

この本を読めば、誰でも成功者になれると書いてありますが、実際にはこの本を読んでも実践する人は少ないために結果が得られないと書いてあります。
もったいない話ですが事実のようです。
もしも、あなたがお金持ちになりたいならば、一度この本を読んで実践してみることをお勧めします。

私の場合、この本を読んで決めた目標年収を昨年のうちに達成することができました。

主な内容としては、
・目標は紙に書くと実現する
・毎日その紙を見る習慣をつける
・成功した自分をイメージする
・やりたいことを明確にするためには、やりたくないことを明確にしなければならない
・自分でレールを敷く人と他人にレールを敷かれる人では人生のスピードが大きく変わってくる
・理想とする自分の肩書を名刺にする

といったことが書かれていたように思います。
つまり、経営とか戦略とかではなくて精神的なことを中心に書かれていました。

また月収200万円ぐらいになるまでは、誰もが持っている「悪」の感情のエネルギーを利用し、まずは「心」よりも「金」に優先順位を置くことをすすめています。
そして、それ以降は「心」の変革が必要なようです。

このように通常の道徳観からはタブーとも思われるような意見が述べられていますが 、著者の神田氏自身がこの「悪」のエネルギーを利用して成功しているだけに説得力がありますね。
成功した人のきれいごとではなく、多くの金持ちが実践しているやり方を、ありのままに語っているところが特徴です。

その時は、図書館で借りて読んだだけでしたが、すごく印象に残る内容の書かれた本でした。

そのためじっくり読んでいたところ、あっという間に返却期限になり、貸出期限の延長を頼みましたが次の貸出希望者があるとのことでそれ以来借りることはできませんでした。

かなり古い本ですが、今でもアマゾンでは買えるようです。

そのあとで、同じく神田昌典氏の「図解 成功ノート―非常識に儲ける人々が実践する」
という本を読みました。
この本は、A4版のカラフルな本で、前述の「非常識な成功法則」の内容を図を使ってわかりやすくまとめたような構成になっていました。

この時も図書館で借りて読んだだけでしたが、非常にインパクトがあったのを覚えています。

先日、ブックオフに出かけたところ、この「成功ノート」が文庫本になって「非常識に儲ける人々」が実践する図解 成功ノートとして置いてありました。
値段は300円でしたので、即購入しました。
51634WQ0AWL__SL100_.jpg
アマゾンでは1円から買えるようです。

内容はすでに周知しているはずですが、もう一度毎晩寝る前に少しずつ読み返しています。
一つ一つの内容が深くていつも感心しながら読んでいます。

特に「コインの表しか見ていない」とか、「知らず知らずのうちに砂時計の中に入って、同じパターンの繰り返しを強いられている」という内容は、深く考えさせられます。

自分でこの状況に気づかない限り成功はあり得ないと思った方がいいですね。
こんなに価値のある本がわずか300円で買えるなんてとっても得した気分です。


PS:神田昌典氏プロフィール

1987年上智大学外国学部英語学科卒、
1989年ニューヨーク大学院にて経済学修士(MA)、
1992年ペンシルバニア大学・ウォートンスクールMBA取得。

大学三年次に、外交官試験に合格し、大学四年次より外務省経済局に勤務。
外務省退職後、経営コンサルティング会社勤務の後、30歳で米国家電メーカー・ワールプール社の日本代表に就任。
同社の日本市場におけるゼロからの立ち上げを行い、アジアにおける最優秀社員(MVE)に選出される。

1998年ワールプール退社後、経営コンサルティング及びに経営者教育を提供する株式会社アルマックを設立。
日本最大のダイレクト・マーケティングを実践する経営者組織(ダントツ企業実践会)を主宰し、サラリーマンから独立して成功する企業、およびベストセラー作家を続出させたことで著名に。

2007年には世界で最初のメンズ・ファッション/ライフスタイル誌である「GQ」の日本版「GQ JAPAN」における、特集「日本一のマーケッターは誰だ?」で、日本一のマーケッターとして紹介された。

ビジネス書・小説等、多彩なジャンルの執筆活動や監訳、テレビ番組企画出演、ミュージカルプロデュースなど、幅広い創作活動を行っている。

著書の累計販売部数は、200万部を超える。

posted by ブレインストーマ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析