2009年12月22日

年収10倍アップ勉強法<17> 1日1問ITの勉強

最近は、どの企業でも一人1台のパソコンとインターネット環境は当たり前になりました。
しかし、果たして使いこなせているかというと疑問が残ります。

また、社内LANの維持管理についても中小企業では、社員が兼務で行うことが多いようです。

しかし、社内に知識のある人間がいない場合、高いお金を払って社外に維持管理を依頼することになります。

もしも、あなたが独学で勉強して、システムアドミニストレータの資格を取得したとしたら、どうでしょう?

取得しないまでも、今、ITの勉強をしておくと近い将来きっと役に立ちます。

あなたの業務の幅は広がり、会社から重宝されることでしょう。

もちろん、その結果、年収アップに繋がる可能性大です。

では、具体的に何から始めればいいのでしょう?

いきなり、ITの本を買って勉強するのもいいでしょう。

しかし、長続きさせようと思うならば、私は、「キーマンズネット」をおすすめします。

このサービスは、無理で受けられる上に平日は、毎日、情報処理試験の過去問題が1問ずつ出題されます。

クイズのような気分で参加することで、ITの勉強ができますし、正解するとポイントももらえるので、一生懸命考えます。

たまに検索サイトを使ってカンニングすることもありますが、それにより、知識か広がることになるのでよしとします。

自分の知らないことは、勉強するしかありませんからね。

また、最近面白く読んでいるのが、「キーマン列伝」です。
ある道を切り開いたキーマンを取り上げて紹介しています。

キーマンズネットには、下記から無料で入会できます。

キーマンズネット無料会員登録

問題例<問題に答えるには事前に入会する必要があります。>

◇ 2009/12/21の問題

◆ パレート図とは?
  ⇒ http://www.keyman.or.jp/3w/prd/65/70000265/?ml=c
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IT担当者のスキルアップに役立つ様々な問題を毎日1問ずつお送りします。
 下記の問題に関して、当てはまる選択肢のURLをクリックして下さい。

■□ 問題 □■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 パレート図を説明したものはどれか。

────────────────────────────────────

【ア】原因と結果の関連を魚の骨のような形態に整理して体系的にまとめ,結果に対してどのような原因が関連しているかを明確にする。
  ⇒ http://www.keyman.or.jp/3w/prd/65/70000265/?ml=c1

【イ】時系列的に発生するデータのばらつきを折れ線グラフで表し,管理限界線を利用して客観的に管理する。
  ⇒ http://www.keyman.or.jp/3w/prd/65/70000265/?ml=c2

【ウ】収集したデータを幾つかの区間に分類し,各区間に属するデータの個数を棒グラフとして描き,品質のばらつきをとらえる。
  ⇒ http://www.keyman.or.jp/3w/prd/65/70000265/?ml=c3

【エ】データを幾つかの項目に分類し,出現頻度の大きさの順に棒グラフとして並べ、累積和を折れ線グラフで描き,問題点を絞り込む。
  ⇒ http://www.keyman.or.jp/3w/prd/65/70000265/?ml=c4

      (平成19年度秋期 基本情報技術者 午前)

◆ 本日中に初回の解答で正解すると3ポイント、不正解でも1ポイントGETできます!サイト上にある過去問でも、今月の問題なら初回の解答で正解すると1ポイントGET!たくさん解答して、ポイント有効期限の12月31日までにキャンペーンに応募して下さい♪
posted by ブレインストーマ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析