2014年09月01日

ひとりカラオケ練習ツールでこっそりとカラオケ練習しよう!

ちょっと面白いツールを見つけました。

ユーチューブ(YOUTUBE)の中からカラオケランキングを取得して表示ができ、その動画を順番に再生していくことができるんです。

しかも、同じタイトルに対して複数のYoutube動画がヒットするので、その中から自分のお好みの動画を選択して、マイリストが作れます。

マイリストを作ったら、その音楽データだけをmp3に変換して音楽プレーヤーにコピーすれば、いつでも繰り返しその曲を聴きながらカラオケの練習ができるというわけです。
動画から音楽データ(mp3ファイル)を抽出する機能もこのツールにはありますので、とっても便利です。

詳しいことはこちらのページをご覧ください。
ひとりカラオケ練習ツール
(ただいま無料ダウンロード期間中)


このツールの起動画面は下記のようになります。
karatube_01.jpg
今のカラオケランキングはやはり「アナと雪の女王」から「Let It go ありのままに」なんですね。
これは、一般部門でもアニソン部門でもダントツの1位です。

まずは、この曲から練習するといいですね。

Youtubeには同じ歌のカラオケバージョンも見つかるはずですので、歌の入っているバージョンとカラオケバージョンで練習すれば、きっと歌がうまくなりますよ。

今回は、このツールをダウンロードした方に特別に歌がうまくなるためのこつを教えてくれるメールセミナーがあるみたいです。

このセミナーも無料で受講できるので、歌を練習するチャンスですね。

勤め先の余興などであなた歌を披露するときがきっと楽しみになりますよ。


posted by ブレインストーマ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

コピーライティング技術が身を守る!!

「年収300万円時代」という言葉が身に染ます。

就職して25年以上がたった頃、自分の給料を振り返ると、以前より確実に下がっていました。

覚えているのは、当時の総理大臣小泉首相が「国民に対して痛みを伴う改革」という政策を発表した頃でした。

その痛みがまさに自分の給料に反映してきていると感じた瞬間です。

その後、さらに5年間我慢しました。
しかし、給料は下がり続け、大学初任給並みまで落ち込んだ時、ついに会社を辞めました。


一生懸命、会社のために働いて、残業手当もほとんどなく夜遅くまで仕事をしているのに、そのときの給料ではついに生活できなくなったのです。


子供が運悪く私立大学に通い始め、支出が膨らむばかりの頃でした。

幸いにも30年分の退職金は大手の会社とは比べ物にならないくらい低いものの、その年の支出をカバーすることはなんとかできました。

そして、新しい仕事探しが始まりました。
私は、30年間磨いた技術力で十分、仕事が見つかると思っていました。

しかし、現実はそれほど甘くはありませんでした。


失業手当をもらいながらハローワークに通い、ここぞと思う会社に紹介状と一緒に履歴書を送りつづけましたが、返って来るのは「この度は、残念ながら・・・」という手紙だ・・・。

面接すらしてもらえません。

こんな状態で10通以上の紹介状を書いてもらいましたが成果はゼロでした。



結局、その年は失業手当が切れる寸前に知り合いの紹介でなんとか仕事に就くことができました。

そんな苦労をして何とか仕事を見つけた私ですが、その時に「この本を読んでおけば良かった」という本がありますのでご紹介します。


web_cover02.jpg
「ウェブ・セールスコピーの法則」

これは、いわゆるコピーライティングの本です。

コピーライティングとは、宣伝文(キャッチコピーなども含む)を書く技術のことです。

魅力的な文章が書けるようになれば、それだけで食べていくことができるんです。

この技術はアメリカではすでに100年以上の歴史があり、実際にコピーライティング技術だけで大きな収入を得ている人は数多くいるのです。

そんなコピーライティングの技術を詳しく解説した本なんです。

きっと一読の甲斐がありますよ!


私のお勧めの1冊です。
posted by ブレインストーマ at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

幸せな残業日本一はどこ?<ハッピー残業日本地図>

「幸せな残業」ってどういうことかお分かりですか?
私も最初はピンと来ませんでしたが、この地図を見てわかりました。
hatagura01.jpg
一言で言えば、「残業時間が短くて時間単価が高いことが幸せな残業の定義」ということです。

これをHZP(Happy Zangyou Point:ハッピー残業ポイント)という数値で表し、それを日本地図に書き込んだのが上記の地図というわけです。


この日本地図を見るとどの県が短い残業時間で多くの収入をもらっているかが一目で分かります。
もしかしたら、隣の県で就職したほうが幸せな残業ができるかもしれませんよ!

これは、リクナビNEXTが作成している「はたグラ」というサイトからのデータです。

このような情報を提供している「はたグラ」ですが、このデータの転載は非営利目的で使う以上、自由となっています。
あなたのブログにも引用してみてはいかがでしょうか?

<リクナビNEXT>キャンペーンに参加中

このサービスはリクナビNEXTが行っています。


posted by ブレインストーマ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。